人気の発毛シャンプー商品を徹底分析!
HOME >  抜け毛・薄毛の原因 >  ストレスによる抜け毛

ストレスによる抜け毛

ストレスが溜まると抜け毛が起こるのはなぜなのか?その理由について解説しています。

ストレスによる抜け毛の原因

生活の中で精神的なストレスがまると、身体にも不調をきたし、それが抜け毛にもつながってしまいます。その主なケースを挙げてみましょう。

血行不良

過剰なストレスは自律神経を乱れさせ、それが抜け毛の原因になります。自律神経とは、人間の呼吸や血圧など、基本的な機能をコントロールしている部分です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。昼間の活動では交感神経が働き、夜の安静時には副交感神経が働きます。

正常な状態なら、2つの交感神経がバランスを保っています。しかし過剰なストレスにさらされると、交感神経が刺激され、興奮状態となります。交感神経だけが刺激され続けるので、副交感神経とのバランスがとれなくなります。

それによって自律神経に乱れが生じ、血流が滞りがちになって、血液による毛根への栄養補給が行き届かなくなるのです。結果として、抜けやすい髪が生えてしまいます。

睡眠不足

自律神経が乱れると、不眠の症状も現れます。体を安静にしているときに働くのが副交感神経です。自律神経が乱れていると、眠るべきときにも、交感神経と副交感神経の交換が行われず、なかなか寝付けません。

髪が育つのは睡眠中です。自律神経の乱れにより不眠になると、髪がうまく育たなくなり、抜け毛が増えてしまいます。

日頃から不眠の症状がある方は、よく眠れるように寝室の環境を整えるといいでしょう。寝室を暗くして寝る、リラックス効果のあるアロマを焚くなど、眠りにつきやすい工夫が必要です。

内臓の働きが低下する

ストレスにさらされ、自律神経が乱れると、内臓の働きが低下します。

その一つが、肝臓機能の低下です。肝臓の働きが弱まると、栄養素が吸収されにくくなります。健康な髪をつくるための栄養が不足し、抜け毛が進んでしまいます。

毛髪は、栄養を届ける優先順位としては最下位です。生命に直接影響しない部位のため、最後に栄養素が回ってきます。つまり栄養不足になると、髪に届く栄養素はほとんどなくなってしまうのです。